2008年04月11日

第10回 青梅高水山トレイルラン

この前の日曜日、『第10回青梅高水山トレイルラン』へ参加して来ました。

青梅の永山グラウンドから青梅丘陵ハイキングコースを通り「常福院不動堂」を折り返すというコースで、昨年までは30キロだったのですが、今年から35キロとなりパワーアップされたコースは走り(歩き)ごたえのあるタフなコースでした。ちなみに最大標高差は640m


5:30 自宅出発
   電車内で朝食(お握り×2、パン×1)

7:50 青梅駅着
   今回一緒に参加するオキさんと合流

8:20 永山グラウンド着
   アミノバイタルゼリー
   ミニッツメイド 朝バナナ
   バランスアップ系の補助食品を少々

受付の様子
takamizu2008-1.jpg

参加賞をもらえるテントが別な為そちらにも並びます。
takamizu2008-2.jpg

ラフマやOSJなどいくつかのショップ出ていました。
takamizu2008-3.jpg

給水は4箇所あるのですが、途中10キロ程間があく箇所がある為、最低500mlの飲料水を携帯して下さいとの指示が。
暑くなりそうだったので1L弱(CCD×500ml+アミノバリュー×500ml弱)をハイドレーションへ注入。
食料はパワージェル(梅)を3つ。

なんだかんだ準備していたらあっというまにスタート時間。
今回は、気合も意気込みもなく、山桜でも眺めながら山遊びを楽しもうという感覚。
そんなこともあり、毎度のことでもありますがアップしないままスタート地点へ。

気合も、意気込みもないといいながら真ん中あたりに位置取りました。

スタート地点の様子
takamizu2008-4.jpg

10:00 ”プォッ”という中途半端な合図とともにスタート

前半は無理をせず流れに身を任せていくことに。

途中、民家の方がご自分の畑で取れたミカンを振舞ってくれました。
いただきますっ!
takamizu2008-5.jpg

途中、水分補給しようと、ハイドレーションをくわえた時、飲み口が”ポロッ”と取れてしまいました。

ひぃえ〜ヽ(゚Д゚; )ノ

慌てて付けようと手元に集中していたら

”ガッ!”

”おっとっと”

”ずさー”

転んでしまいました。恥ずかしぃ〜
幸い怪我もなく、CWXも破れておらず(こっちが大事)すぐさまレースへ復帰。
山道で足元を疎かにするとは、何たる不覚。


急登に差し掛かり渋滞しているところ。
あわてない、あわてない、一休み一休み。
takamizu2008-6.jpg

昨年もここで写真とったなぁ〜
今年も参加出来ていることに感謝
takamizu2008-7.jpg

13キロ付近手前
なんと、もうトップの奥宮選手が折り返して来ました!
早過ぎ!
その後、暫くして鏑木選手が2番手で通過。頑張れ〜追いつけるぞ〜!

こちらはまだまだ前半だというのに、既に登りの脚が終わってしまいました orz
のんびり、無理をせず進んでいた筈なのに・・・弱すぎです。

やっとこさ常福院不動堂へ到着。
takamizu2008-8.jpg


takamizu2008-9.jpg

お守りを首にかけてもらい、お参りします。
”どうかカモシカのように走れますように”
takamizu2008-10.jpg

コース途中でもちょこちょこ遭遇していたオキさんとまたまた遭遇。
おにぎりをほお張っていました。
旨そうぉ〜
ここまで運んだものだけが味わえる至福のひと時だそうです。

トイレ、水分補給、栄養補給と、ハセツネで活躍したシトリックアミノアルティメイトと、スポーツミネラルも補給(どちらも1袋づつ余っていた)。
心地よい境内に後ろ髪を引かれながらゴールを目指し出発!

急登でパチリ
takamizu2008-11.jpg

登りはどうしようもありませんでした。
ゆっくりゆっくりしか登れない状態。僅かな平地と下りは何とか頑張って走ります。
レース前に一度位は山練するべきだったなぁ〜と後悔。。。

いい眺めだったのでパチリ
takamizu2008-12.jpg

この後、悲劇が待っているとも知らず、のんきに最後の給水所を振り返ってパチリ
takamizu2008-13.jpg

最後の給水所を過ぎ、舗装道路をチンタラ歩いて登ります。
喉を潤そうとチューブを”ぱくっ”とくわえたのですが・・・

ん!? ん、ん!?

な、ない!!水がないっ!!!

そう、いつの間にか全て飲み干していました。ガーンllllll(-_-;)llllll

最後の給水所でチェックすべきだった・・・
初歩的なミス・・・

恐らく残り、7〜8キロ
どうにかなりそうな距離だけど、今日の天気だとヤバイかも。
脱水症状ってのも有り得るなぁ〜飲めないと分かると余計に飲みたくなるし、実際唇はカサカサになってくるし、どうしよう。
最悪は、棄権するしかないなと思いつつ先に進んで行きます。

残り4キロあたりの地点(当然、山の中)で、何と!応援してくれている方がいました。
その方の傍らには、大きなペットボトルの水が・・・私の目が訴えていたのか
「水、大丈夫ですか?」
「すみません、分けて頂けますか」
「どうぞどうぞ」
「食べ物は大丈夫ですか?」
「はい、大丈夫です」

助かったぁ〜
トレイルレースなので私設エイドをしている方がいるとは思っていませんでした。
何度も御礼をいい、ゴールを目指し出発。
本当は、もっと飲みたかったのですが、もし後続の方で同じように水を切らしているランナーがいると困るので我慢。

その後暫く進んでいると、何か事故があったのか消防のレスキュー隊員とすれ違いました。
原因は分かりませんが二人程ヘリへ救出されたそうです。
もしかしたら自分もそうなってたかもと思うと、改めてトレイルレースの怖さを実感。

ここまでくると大きな登りはなく、ほぼ下りばかり。
桜がキレイでした。
takamizu2008-14.jpg

去年は走れなかった最後の下りも、シトリックアミノアルティメイトとスポーツミネラルが効いたのか今年は快調!

そしてゴール!!

手元の時計で4時間21分

今回ゲットしたお守り
takamizu2008-15.jpg

結局、使用したパワージェルは1つだけ。しかし感覚的にはもう1個ぐらいは摂取したほうが良かったと反省。

自分たちがゴールするころには表彰式も豚汁も終わっており残念。
いつかは表彰式が見れるようにならないと。そうすれば豚汁にもありつけるし。

結局、鏑木選手は追い付けなかったようで奥宮選手が逃げ切った模様。

1位 2:25:53 奥宮 俊祐
2位 2:33:15 鏑木 毅
3位 2:37:58 門倉 輝明


そして乾杯♪
takamizu2008-16.jpg

完走はしましたが、ある意味棄権と同じかなと反省反省。

参加賞はネイサンのハンドボトル
小さなポーチもくっ付いてて便利そう。
s-takamizusanka.jpg
実物はボトル部分が白で、とって部分は淡い黄緑色。

35キロの部、1135人中380番台でした。


【今日の練習】
35キロトレイルレース
4月の累計走行キロ:50キロ
posted by へなちょこ at 08:28| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | レース記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
このレース出られたんですね。
13キロ付近の画像私も同じところで撮りましたよ一昨年に。山はやはりいいですよね。特にあの光合成している匂い?葉の湿った匂い・・・
Posted by 八百 at 2008年04月18日 22:00
>八百さま
こちらこそご無沙汰です。
コメントありがとうございます。
はい。山はいいっす。キツイけど(笑)
いつか一緒に参加したいっす。
がんばりましょう!
Posted by へなちょこ at 2008年04月20日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。