2009年07月24日

第62回富士登山競争

7月24日(金)『第62回富士登山競争』へ参加して来ました。

s-20090724fuji-0.jpg



残念ながら、当日は悪天候の為、5合目で中止となってしまいました。

一緒に参加したのは、いつものオッキーさん。

スタート地点&受付会場の富士吉田市役所(前日)
s-20090724fuji-1.jpg

富士吉田市役所横のスタート地点横断幕(前日)
s-20090724fuji-2.jpg

受付の様子(前日)
s-20090724fuji-3.jpg

s-20090724fuji-4.jpg

ショップの様子
s-20090724fuji-5.jpg

富士吉田市役所脇から富士山方面をパチリ。
昨年はキレイに見えた富士山も今年は完全に雲の中でした。
s-20090724fuji-6.jpg

受付を済ませ、馬返しまでのコース下見に行きました。
車で登っている時はそうでもなかったのですが、帰りに下る時は結構な傾斜に「わぁーを」って感じ。

宿泊先に向かう途中、晴れ間から富士の一部が見えました。
おー天気予報を覆して明日はいい天気か!と思いましたが、その数分後には、また雲に覆われてしまいました。
まさに、山の天気は変わりやすい!
s-20090724fuji-7.jpg

明日は頑張りましょうと乾杯♪
s-20090724fuji-8.jpg

22時過ぎに就寝するものの、雨どいから流れ出る激しい雨水の音で目が覚めてしまう。
酷い雨。明日は中止か?



4:00 起床
相変わらず雨模様…
朝食(小さなおにぎりが5個入ったやつを1パック)


5:00 出発
開催されるのかどうか分からない状態。
雨足はだんだんと弱くはなってきているが、昨夜の雨音が耳に残っており開催は難しいだろうと考えつつ市役所に行ってみると、選手でごったがえしていました。

やる気満々だ!!

オッキーさんを下ろし、車を駐車場へ置きに行きます。

オッキーさんからメールが入り、6時30分に大会本部から開催についての発表があるらしいとのこと。
昨年、このレースで亡くなられた方がいる事、トムラウシ山での事故の事、今日も富士山で遭難者が出ている事から、やはり山頂までは難しいだろう。
5合目打切りか、馬返し折り返しか、中止か・・・
ただ、過去61回の中で中止になったのは第20回大会の1回だけ、5合目打切りが8回、馬返し折り返しも1回だけ。
5合目打切りが濃厚かな。

その後、オッキーさんから5合目で打切りになったとメールが届く。

残念!!



6:30 いろいろ準備を済ませ会場到着

本来なら持って行く予定だったウエストポーチも、他の荷物と一緒に5合目行きのトラックへ預けます。

受付時に貰った雨避け用ビニール袋(ゴミ袋の頭と腕部分を切ったやつ)をかぶってスタート地点へ。
恒例?のマイクパフォーマンスがあり。「おー」と盛り上がる。



7:00 スタート
来年に備えて、5合目までの試走だという気持ちで気楽にスタート。

スタート地点までのロスは52秒位。
約3000人が同時スタートした割りには、思っていた以上の混雑はありませんでした。

山頂までだった場合、私がポイントにしていたのが馬返しまでの11キロ。(ここまでが舗装路)
雑誌やネットを見ると、完走するには馬返しを1時間6分程で通過する必要があるらしい。

標高差約700mの登り11キロを1時間6分は結構厳しいが、この位のタイムで通過しないと完走が見えて来ないのであれば、後の事は考えず無理してでもこのタイム以内で通過するペースで走り出そうと考えていました。
ちなみに昨年もこのタイムを目指して走ったけど1時間15分でした。


約1キロ地点通過:5分49秒
遅っ!と思ったが、スタート時のロスを考えればいいペース。

約2キロ地点ラップ:4分43秒
スタート時の小雨も上がりちょっとだけ青空が出てきている。
山頂まで行けんじゃないの?

約3キロ地点ラップ:計測忘れ
約4キロ地点ラップ:10分16秒(半分だとして5分8秒)
約5キロ地点ラップ:5分37秒
約6キロ地点ラップ:5分17秒
中の茶屋(約7.2キロ位)通過タイム:39分24秒
40分位で通過出きればと思っていたのでいいペースだがかなりバテぎみ。

中の茶屋から先は、舗装路だけども悪路になり更に傾斜もきつくなる。
馬返しまで行けば歩けるというエサを吊るして歩かないよう頑張って走る。

周りを見る余裕もなく、前の人の足元だけを見ながらひたすら登って登って登っていくとやっと馬返しに到着。やっと着いた〜

馬返し地点通過タイム:1時間5分50秒
おーギリギリだ。

ここからは登山道になり、ほぼ歩きになるのだが、これはこれでキツイ。

曇り空なので舐めていたけど、汗がどんどん出てくる。水分補給は晴れの時と同様にやっとかないとやばい。

給水ポイントは、浅間神社、中の茶屋、馬返し、3合目、5合目、6合目、7合目、8合目、8.5合目の9箇所。

登山道に入ってからも然程混雑はしていなが、あまり抜くポイントもない。

2合目、3合目、4合目と通過し、一旦車道へ出る。ここまで来ると5合目は目の前。

再び登山道へ入るがここで渋滞。しばらく進むと、視界が広がり応援者と佐藤小屋が見えてくる。


最後の段差を駆け上がりゴール!!


何だかあっけなく終わったなぁって感じで、本当に試走のような感じ。
物足りないが仕方がない。

タイムは2時間6分。
完走出来るギリギリの通過タイムだが、ここからが本番。このまま山頂へ行けていたとしても完走は難しかったかな。

荷物を受け取り(これがなかなか見つからない!)、昼食(お握り3つ)をもらって富士スバルライン5合目へ向かいます。

お馬さん。
s-20090724fuji-9.jpg

富士スバルライン5合目の様子。
s-20090724fuji-10.jpg

こんな天気なのに登山客がわんさかいますし、大きな観光バスが何台も連なってどんどん登って来ます。
やはり天気が回復して来ているのか、ツアー会社が無謀なのか・・・
まぁ軽装で何も装備していない我々では、トムラウシの二の舞になる可能性大だなぁと納得させる。


ここから送迎バスで富士吉田市役所まで送ってもらいます。

下界は晴天になっており暑い。

5合目で中止なので完走証も完走Tシャツもありません!!
s-20090724fuji-11.jpg

振る舞われていたうどん。
味が濃かったなぁこれが山梨のうどんなのかな?
s-20090724fuji-12.jpg

ひとっ風呂あびて完走していないけど乾〜杯♪
s-20090724fuji-13.jpg

会社を2日間休んで前泊して途中中止じゃぁちょっとスッキリしないが諦めるしかない。(まだ言ってる)

また、来年だ!!

<< 来年に向けての課題 >>
馬返しまでは、さほど抜かれた記憶はないが、登山道に入ってからは結構抜かれた。大きな段差が続くと直に太ももが疲れてしまうのと、やはり心配機能が弱い気がする。
階段の上り下り、登り坂練習と、心肺に負荷をかける練習が必要だなぁ・・・だけど辛いからやらないだろうなぁ〜


参加賞のキーホルダー
s-20090724fuji-14.jpg

<< ウェアー >>
・CWXセミロングタイツ
・Tシャツ
・ゲルフェザー
・帽子

<< サプリ類 >>
・シトリックアミノ
・ペスパプロ
・アリナミンVドリンク

<< ウェストポーチ中身 >>
・トイレットペーパー
・パワージェル×3
・ベスパプロ
・スポーツミネラル
・お金

posted by へなちょこ at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レース記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。